うさぎの勉強会〜予防介護とパワーリハビリ〜

2005:07:20
予防介護とパワーリハビリ  ~パワリハ実施3ケ月経過報告~
ウマノ整形外科クリニック   馬 野 隆 信 先生
デイサービスセンター うさぎ 前 花 正 幸 
デイサービスセンター うさぎ 永 野 龍 二

予防介護とパワーリハビリ  ~パワリハ実施3ケ月経過報告~
 1.介護保険の現状と問題点
   要介護高齢者の急増
   2000年4月末  介護保険発足  218万人 
   2004年12月末 4年9ケ月後  406万人
   ※約188万人増加 (増加率86%)
   2008年             500万人突破?
   介護予防が緊急の課題 ⇒ パワーリハビリテーション
   小規模・多機能サービス拠点
 2.パワーリハビリテーションのついて
   パワーリハビリと筋力トレーニングとの違いについての理論的観点・
   強度的観点からの説明

パワリハ実施3ケ月経過報告
 ◎今回の測定対象者 年齢59歳~92歳(男性7名、女性15名 計22名)
  要支援  5名   要介護1 13名   要介護2 3名 
  要介護3 0名   要介護4  1名   要介護5 0名
 ○開眼片足立ち ~静的バランス能力~
  実施前 5.3秒 → 3ケ月後 8.1秒 
  全体の73%の方がバランス能力の向上が認められました。
  起立動作の安定と共にふらつきの防止に効果があります。
 ○Timed Up & Go ~日常移動能力全般~
  実施前 23.2秒 → 3ケ月後 17.4秒 
  大きく改善され起居動作の改善が認められました。
  日常移動能力全般が改善されました。
 ○2分間足ふみ ~歩行能力・速度~
  実施前 149回 → 3ケ月後 195回
  有意に増加し、移動能力の改善が認められました。
  体力の向上が認められ、歩行時間・歩行距離の両方が良くなりました。
 ○長座位体屈伸 ~柔軟性~
  実施前 3.1cm → 3ケ月後 5.6cm
  柔軟性の向上が認められました。
  転倒予防において大切な柔軟性が向上されました。
 ○ファンクショナルリサーチ ~動的バランス能力~
  実施前 17.5cm → 3ケ月後 18.0cm
  重心を移動する能力の向上が認められました。
  荷物を取る、押し扉を開くといった動的バランス能力の向上に結びつき  
  ました。
 ○握力 ~全身の静的筋肉との相関~
  握力の変化は認められなかった。
  マシンでは直接握力強化は行われないが、ハンドルを握る事により、
  左手の握力の増加がみられました。

パワリハ アンケートの結果
 ○パワリハの印象
  楽しい:64%  普通:36%  楽しくない:0%
 ○体調が良くなった
  良い:37%  変わらない:59%  悪い:4%
 ○今後の継続希望
  あり:91%  無い:9%
 ○利用者様の声
  楽しみが増えた、希望が出来た、調子が良い、皆頑張っているので
  私も頑張りたい、来てよかった、ずっと続けてやりたい。

機能評価のまとめ
 ○アンケートの結果(主観的評価)では40%の方が体調が良く
  なったと感じられていた。
 ○機能測定の結果(客観的評価)では、概ね70~80%の方に
  改善が確認された。
 ○Timed Up and Go と2分間足踏みにおいて、
  移動能力の改善が統計学的に証明された。
 ○パワリハによって身体状況が悪化された方はいなかった。
 ○利用者様の表情が明るくなった。

  このパワリハの成果だけでなく、利用者様の生き生きとした表情を見る
 事が出来たことは、とても大きな励みとなりました。
  スタッフ一同、今後も利用者様に「楽しい」と言っていただけるように
 努力していき、これからもパワリハを多くの利用者様に提供し、介護予防
 ・自立支援に貢献できるよう頑張りたいと思っております。

デイサービスセンター うさぎ  
パワーリハビリスタッフ一同 

関連記事

ページ上部へ戻る