平成30年2月の勉強会

平成30年2月28日

「物理療法について」の研修を行いました。

場所:デイサービスセンターうさぎ

時間:18:00~19:30

講師:ミナト医科学株式会社 小野大樹さん

出席者45名
アンケート回答者40名
1.研修内容は? : よく分かった 80%  やや分かった 20%   わかりにくかった  0%

2.研修内容に興味が持てた? : 興味が持てた 98% どちらともいえない  2%  興味は持てなかった0%

3.研修が役に立つと思う? : 役に立つ 100%  わからない 0%     役に立たない 0%

研修項目

1.温熱療法

2.電気治療

3.マーッサージ療法

4.牽引療法

 

受講後の感想

・マッサージや電気で体がほぐれることがわかった

・各治療器の禁忌事項が知れてよかった

・毎日使う物理療法の機器の使用目的を改めて理解できた

・低周波法の付け方は痛いところではなく、痛いところを挟んでつけるところがわかりやすく、納得する部分がありました

・禁忌事項や効果や症状に向けての使用方法が少しわかりました

・柔軟性を向上させることで脊柱のSカーブが戻ることがわかった

・体が柔らかくなるマッサージ機が良いなと思いました

・低周波と干渉波の違いや使い方など、細かいところがよくわかった

・細かい機械の治療目的が分かり、よかったです

・患者様にも説明しやすくなると思います

・温熱治療の効果がわかった

・干渉波や低周波は痛みの上ではなく、その分位を挟んだ方が良いと言うことが驚いたし、勉強になりました

・温熱療法でホットパックが表面のみ、マイクロ波外が深部を温めていると言うことも勉強になりました

・普段見ているだけの機器の詳細がわかってよかった

・接骨院等で行っている電気治療の効果がわかりやすく説明されていた

・デイサービスでの物理療法は治療目的と言うよりも痛みを取り除く事に重きを置いていることがわかった

・マイクロで温める事がどんな効果があるかわからなかったが、今回詳しく教えてもらって理解できた。

・こんな機会は滅多にないのでよかった

・電気治療で痛いところに付けて実施していたが、その周りを囲むようにすれば良いと言うことに気付けて良かった

・知識が深まった

・使用時の注意点もきっちりと知ることができたので、気をつけようと思った

・具体的な数字データが多く参考にしやすかった

・見たことのある機器だったけれど、どんなふうに使うのか、効能があるのかがよくわかった

・リハビリ治療に使っている機械の使用方法や効果がわかりました

・痛みを取るには血流の改善が大切だということがわかった

・ウオーターベッドで柔軟性が向上すると言うことなので試してみたいと思いました

・日本で一番新しいウオーターベッドが、一番にデイサービスセンターうさぎに導入してもらい、利用者様達が喜んでくれていることが嬉しい

関連記事

ページ上部へ戻る